Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

erwin Data Intelligence

erwin Data Intelligence by Questは、データカタログデータリテラシーの機能を組み合わせて、利用可能なデータ資産、使用法のガイダンスや事故予防策を全社規模で可視化し、データポリシーおよびベスト・データ・プラクティスに確実に従うようにします。幅広いデータソース、運用プロセス、ビジネスアプリケーション、データモデルから1つの中央のデータカタログにメタデータを自動的に収集、変換して供給します。次にビジネスおよびガバナンスコンテキストを追加し、組織全体のIT、データ・ガバナンス・チーム、およびビジネスユーザが、ロールに基づくコンテキストビューを通じて資産情報へのアクセスと把握を可能にします。erwin Data Intelligenceは、企業のデータガバナンス、デジタルトランスフォーメーション、また結果を導き出すためにデータに依存するあらゆる労力を強化します。
What's New in erwin Data Intelligence 12.0 08:22
erwin Data Intelligenceによるデータ品質への取り組み

erwin Data Intelligenceのメリット

幅広いデータソースからの継続的なメタデータの収集を自動化します。

完全なバージョン管理と変更管理により、メタデータを最新の状態に保ち、変更を追跡します。

移動中のデータを含むデータ要素をソースからターゲットに簡単にマッピングし、プラットフォーム全体でデータ統合を調和させます。

詳細なデータリネージュを利用し、影響分析およびマインドマップを活用して、データランドスケープを素早く把握できます。

企業全体にデータ品質の可視性を拡張することにより、協力して品質を改善することができます。

整合性と堅牢なデータガバナンスのために、組織に合わせたビジネス中心のデータ資産のフレームワークが簡単に導入できます。

組織内の機密データに関する認識を高めることで、さまざまなリスクを抑え、法令順守に関する不安を解消します。

データガバナンスを推進するためのエンタープライズデータの可視性、データ管理責任ツール、および柔軟なデータ・ガバナンス・ワークフローをデータ管理者に提供します。

IT、データ・ガバナンス・チーム、およびビジネスユーザが、それぞれのロールに関連するデータ資産を容易に検出、評価、コラボレーションできるように支援します。

組織全体におけるビジネスコンテキスト内でのデータの使用法を指導し、データリテラシーを向上させます。

組織全体のデータを把握、管理、保護し、最大限に活用するために必要な可視性を提供します。

データインテリジェンスのセルフサービス方式を強化し、技術リソースへの依存を減らします。

erwinがデータ・インテリジェンス・プラットフォームに適している理由

世界中の大手企業が、自動化を備えたerwin Data Catalog by Questerwin Data Literacy by Questからなるerwin Data Intelligenceを採用し、メタデータ全容の正確な全体像を把握しています。そのような可視性により、データのアクセス性と実用性における摩擦を減らし、全体の品質を向上させ、ガバナンスをサポートして、組織内でデータリテラシーが増えるにつれてデジタルトランスフォーメーションを高速化します。erwin Data Intelligenceを使用すれば、企業のデータ資産の検出、評価、ガバナンスを自動で行うことができます。

erwinによるデータインテリジェンスの実現

erwin Data Intelligenceは、データカタログ、データリテラシー、データ品質、および自動化機能を1つに統合したスイートで、IT、データ・ガバナンス・チーム、およびビジネスユーザが同様にデータ資産を容易に検出、把握、使用できるようにします。以下をご覧ください。

erwin Data Intelligence by Questの利点

Data Intelligenceは、IT、データ・ガバナンス・チーム、およびビジネスユーザに対し、十分な情報に基づく行動を促す、データランドスケープに関する有意義な情報を与えます。もし、データインテリジェンスの収集とコラボレーションを自動化でき、より多くの関係者に委ねることができるとすれば、組織は何を達成できるでしょうか。erwin Data Intelligenceは、自動化と、市場トップレベルのデータカタログ作成、データ管理責任、およびセルフサービス型のデータ検出機能を単一のソフトウェアスイートに組み合わせているため、企業は以下を実現できます。

データの検出

各種データ管理のサイロ化からのメタデータの特定および調査

データの収集

各種データ管理サイロからのメタデータ収集を自動化して、単一ソースに取りまとめます。

データソースの構築と展開

物理メタデータを特定のデータモデル、ビジネス用語、定義、および再利用可能な設計基準と結び付けます。

データ品質の評価および管理

データプロファイリングおよび評価を自動化し、データ品質の可視性を向上させ、修復に取り組みます。

メタデータの分析

データと業務の関係性、およびデータの属性を把握します。

データフローのマッピング

データ統合先を特定し、データリネージュを文書化して、データの移動と変更の過程を把握します。

データガバナンス

標準、ポリシー、およびベストプラクティスを管理するためのガバナンスモデルを構築し、物理資産と関連付けます。

データのソーシャル化

関係者が1つの場所および各自ロールのコンテキスト内でデータを確認できるようにします。

erwin Data Intelligenceの動作

Understand your Data Landscape with the erwin Data Intelligence Suite 07:19
erwin Data Intelligenceがどのようにしてデータランドスケープの理解、重要な意思決定、企業が成長し続けるための施策の実施に役立つ可視性を即座に提供するのかをご確認ください。

erwin Data Intelligenceを必要とする人とは

データアナリスト、データアーキテクト、データ管理者に始まり、最高経営責任者やビジネスユーザに至るまで、erwin Data Intelligenceは、エンタープライズデータを把握、ガバナンス、提供、および活用するために、組織全体の多くの人々によって最大限に使用されています。進化においてデータが果たす役割を企業がますます認識するようになるにつれて、データインテリジェンスへのよりタイムリーで正確なアクセスを必要とするロール数が増えてきています。爆発的なデータ生成、スケーラブルなビッグデータの処理、および高度な分析の収束により、機械学習と人工知能は、市民アナリストを生み出しました。つまり、新たなビジネスチャンスを特定するために大量のデータセットに分析技術の適用方法を把握することを使命とするビジネス指向の問題解決者です。

さらに、最高データ責任者(CDO)という役職が置かれるようになったことで、データ管理、データガバナンス、およびデータ利用に関する取り組みのより優れた整合性で、エンタープライズデータの不透明さ、複雑さ、およびサイロ化の性質を打破しようという動きも高まり続けています。今日の企業では、分析と報告に利用可能なデータ資産を収集、キュレーション、公開できるように、データ(およびメタデータ)の全容の可視化が必要です。さらには、ITアナリストと市民アナリストの両方が、組織を最も効果的に保護するデータポリシーを順守するためのガイドラインに則りながら、さまざまなデータ資産の活用方法の理解を入手できる必要があります。

お客様のレビュー

今すぐ開始する

企業をよりスマートに。erwin Data Intelligenceなら、単一の統合されたカタログでデータを活用および有効化できるため、コンテキスト内でビジネス要件に沿ってデータコミュニティで利用できるようにすることができます。

サポートおよびサービス

製品サポート

erwin製品のインストール、設定、および使用についてお困りの場合、ご連絡ください。

サポートサービス

お客様固有のニーズにお応えできるよう、さまざまなレベルのサポートをご用意しております。