Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

ビジネス・プロセス・モデリングおよび分析

ビジネス・プロセス(BP)モデリングを利用すると、ビジネスプロセスとすべての関連データを可視化して、革新や改善が必要な領域に光を当てることができます。 あらゆる企業が自社のビジネスプロセスを把握する必要があります。品質、規制、健康、安全、または環境の基準が重大な検討事項である業界ではなおさらです。 また、運用上の洞察を得ることで、組織は市場や顧客の要求に機敏に対応できます。 今日、会社の運用について把握することで、明日は、より良い意思決定を下すことができるようになります。
ビジネス・プロセス・モデリングおよび分析
ビジネス・プロセス・モデリングとは

ビジネス・プロセス・モデリングとは

BPモデリングは、ビジネスプロセス管理やビジネスプロセス改善イニシアチブの一部であり、管理、運用、サポートプロセスなど、組織がどのように機能するのかを文書化します。 さまざまなチャートや図を用いて、ビジネス要素とその相互作用をグラフィカルに表現します。 BPモデリングは、通常、その分野の専門知識を持つビジネスアナリストと、モデル化の対象プロセスの専門知識に精通した該当分野の専門家のチームによって実施されます。 多くの場合、ITプロジェクトの要件を文書化するのに使用し、変更管理にも関与します。

ビジネス・プロセス・モデリングが重要である理由

ビジネス・プロセス・モデリングが重要である理由
BPモデリングにより、組織はビジネスプロセスをモデル化、文書化、管理、および伝達を可能にし、組織の戦略に合わせて、人材、プロセス、データ、テクノロジー、およびアプリケーションの調整を目的とするワークフロー、入力、出力の明確な全体像を提供します。 BPモデリングおよび分析は、プロセスフロー、システムの相互作用、および組織階層を示すことで、改善対象領域のほか、最大のセキュリティ、コンプライアンス、その他のリスクの影響を受けやすい慣例を特定し、リスクを軽減するための制御と監査を実装できるようにします。 正確なビジネス・プロセス・モデルを保持する企業は、エンド・ツー・エンドのプロセススレッドやリード・ツー・キャッシュなどのバリューストリームを分析して最適化するのに適した立場を手に入れ、カスタマー・エクスペリエンスを向上したり、従業員の定着率を最大化したりできるようになります。

ビジネス・プロセス・モデリングの一般的なユースケース

誰もが変更を好むわけではありませんが、プロセスモデルを定期的に確認して機会や潜在的な問題を明らかにすることは有益です。 今日の複雑で速いペースのビジネス環境では、以下のBPモデリングおよび分析が間違いなく必要とされています。

デジタル変革

ビジネスコンテキスト内の情報資産を把握するためにモデルを探索して、デジタル変革の機会を特定します。

法令遵守

法令遵守プロセスを文書化して共有し、さらに制御と監査を合理化して、コンプライアンスを実証し、変更がコンプライアンスの取り組みにどのように影響するかを把握します。

データのガバナンス

データがどこにあり、さまざまなプロセスでどのように使用されているかを把握して、規制やコンプライアンスの失敗を避けるために、リスクを抑えながら、データの機会を促進します。

プロセスの改善

情報が企業内のどこでどのように使用されているかを特定し、これらの認識を用いて、プロセス改善のためのギャップ、非効率性、および冗長性を判断します。

合併と買収

共通プロセスの調整、ベストプラクティスの特定、運用の統合、およびチームの統合を行うことで、M&A後の変更管理を円滑にするために、事実に基づくモデルを使ってプロセスを文書化します。

ナレッジの保持

情報やプロセスの知識をキーパーソンから集めて主要な機能領域に対して公開することで、個人がその役割を離れても継続性を確保できます。

標準作業手順(SOP)

ハードコピー形式のプロセス文書とSOPを保守が容易なWebベースのデジタルファイルに変換して、従業員が、企業のポリシー、手順、および制御にアクセスして認識できるようにします。

エンタープライズテクノロジーの導入

ERPシステムなどのエンタープライズ・ソフトウェア・アプリケーションの導入が、関連するプロセス、潜在的な変更および改善に関する洞察を使って、よりスムーズに実行されるようにします。

ビジネス・プロセス・モデリングのメリット

ビジネス・プロセス・モデリングおよび分析プラットフォームを使用すると、組織がどのように機能するのかを詳細に計画できます。 運用と全体的なパフォーマンスを最適化する方法についての洞察を得るために、システム、手順、および組織階層全体で発生するプロセスと相互作用に関連するバリューストリーム、SOP、RACIマトリックス、データ要素を可視化します。 以下のメリットを実現できるように、継続的な改善を推進する文化を作成します。

  • ワークフロー、入力、出力の明確な全体像を描く
  • 可視性とコンテキストを取得する
  • 一元化された統一プロセスを採用する
  • 役割と責任を明確にする
  • バリューチェインを分析する
  • カスタマージャーニーを強化する
  • トランザクションを合理化する
  • エラー、ボトルネック、および非効率性を減らす
  • より多くのプロセス自動化を導入する方法を特定する
  • リスク管理、コーポレートガバナンス、およびデータガバナンスを改善する
  • ナレッジを明らかにして保持する
  • 生産性、収益性、および従業員の定着率を向上させる

erwinがビジネスプロセス最適化に適している理由

組織は、そのプロセスを完全に把握しているでしょうか。 従業員がプロセスの実行を認識し、説明責任を負っているでしょうか。 すべてのシステムの相互作用、ビジネスプロセス、および組織階層を明確に把握しているのなら、当社の製品は必要ありません。 しかし、もし、整合性、意思決定、そして最終的にはトップツーボトムのガバナンスを改善したいのなら、erwin Evolve by Questが必要です。 ワークフローを明確に文書化、定義、マッピング、および分析し、モデルを構築することで、負債や損失ではなく、より大きな可能性と利益を得るための洞察を明らかにできます。 機会、課題、およびリスクを把握、理解、および明確化することで、複雑性をより適切に管理できるように支援します。

一元化されたリポジトリ

erwin Evolveの特徴は、複数のBP成果物を開発および取得するための信頼性が高いスケーラブルな中央リポジトリであり、事実の中央ソースとしてチーム、ビジネスユニット、およびシニアリーダーと共有できます。

ロールベースの可視性

中央リポジトリからカスタマイズされたロールベースのビューを通じて、さまざまな関係者が必要な特定の情報にアクセスできるようにします。

影響分析

BPモデルの要素、リンク、および依存関係を探索して、ヒートマップ、レポート、チャート、およびグラフから迅速で簡単な影響分析を使って変更を管理します。

エンタープライズコラボレーション

部門間および企業間のコラボレーションを強化し、重要な洞察を明らかにすることで、より早く、より多くの情報に基づいた意思決定を行い、ビジネス成果を成功に導きます。

ビジネスとITの相互運用性

組織のサイロを打破し、運用プロセス、アプリケーション、およびモデル全体でデータを一致させます。

エンタープライズアーキテクチャの機能

erwin Evolveはエンタープライズ・アーキテクチャ・ツールでもあるため、プロセスをサポートするアプリケーションやテクノロジー、担当組織とロール、場所、および基礎データとプロセスをリンクさせて、影響分析の価値をさらに高めることができます。

コンサルティングサービス

当社の戦略コンサルタント、ビジネス・プロセス・エンジニア、およびトレーナーは、テスト済みの方法論と業界のベストプラクティスに基づいて構築された分野の深い専門知識を適用して、お客様の現在の運用を評価し、必要な変更や改善を計画および実装できるように支援します。
erwin Evolveはビジネス・プロセス・モデリングとエンタープライズアーキテクチャの両方を備え、erwin EDGE by Questプラットフォームの他のコンポーネントと統合されています。 データモデリングデータカタログ、およびデータリテラシー機能と組み合わせることで、すべてのビジネス、技術、およびデータアーキテクチャのデータを管理および最適化できます。

今すぐ開始する

成功はプロセスから始まります。 ビジネス・プロセス・モデリングおよび分析ソフトウェアを使用して、組織の内部に実際に何があるかを確認し、改善を加速します。