Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

erwin Data Literacy

erwin Data Literacy by Questは、ビジネス用語管理およびセルフサービスのデータ検出ツールを備えています。 このソフトウェアにより、データ管理者とデータ所有者はデータ資産のキュレーション、関連付け、および管理が可能になるため、すべての関係者は、各自のロールに関連するデータを見つけ、ビジネスのコンテキストで理解することができます。erwinを使用すると、ITおよびデータガバナンスのチーム内と役員を含む企業全体でのコラボレーション、分析、および意思決定がより簡単になります。 現在では、誰もがデータに関わるため、高品質で利用可能なデータとその使用に関する事故予防策に光を当てるデータコミュニティは、特にビジネスユーザにとって、組織のデータリテラシー、流暢さ、知識を促進します。 erwin Data Catalog by Questと組み合わせて使用されるerwin Data Literacyは、意味的、ビジネス的、技術的な要素などを含む組織のデータ世界の明確な全体像を提供します。
erwin Data Literacy

erwinがMetadata Managementソリューションの
Gartner 2020 Magic Quadrantでリーダーに選出

erwin Data Literacyソフトウェアのメリット

データのアクセス、リテラシー、および知識は健全な意思決定につながり、データガバナンスおよびその他のデータ主導型労力の鍵となります。何が必要かを探し回り、見つけ出すことやまとめることができない状態にならないよう、erwin Data Literacyは、データ資産を戦略的に使い、ユーザが資産を使う時間を確保し、運用と収益の状況を改善する手助けをします。 広範なコンテンツの作者向けに内部および外部のデータセットをキュレーションすることで、ビジネスの利益は倍増し、より広範囲のデータガバナンス、データ品質、およびメタデータ管理イニシアチブにリンクすると、長期におけるデータ資産の効果的な管理と収益化を実現します。 以下のようなメリットがあります。

データの可視化とガバナンス

ビジネス中心のデータ資産フレームワーク内にある任意の場所からのあらゆるデータを可視化およびナビゲートし、組織的な調整と堅牢かつ持続可能なデータガバナンスを提供します。

データのコンテキストと補強

データをビジネスのコンテキストに合わせ、関係者がベストプラクティスを共有し、データ資産にタグ付けやコメントを行うコミュニテイを構築できるようにして、メタデータを補強します。

データの管理責任

データガバナンスのチームに必要なプログラムの可視性と支援用ツールセットを提供し、データガバナンスのイニシアチブを前進させます。

エンタープライズのコラボレーションと強化

ITとビジネスのサイロ化を解消し、承認済みの組織的情報への幅広いアクセスを提供します。

より優れた生産性

データ資産の検索にかかる時間を短縮し、技術リソースへの依存を減らし、ワークフローを合理化して分析と意思決定を迅速化します。

説明責任と規制への安心対応

人材、プロセス、および技術の統合されたエコシステムを作成してデータの管理と保護を行い、広範なデータ関連のリスクを軽減して、コンプライアンスを改善します。

効果的な変更管理

企業全体でのデータのつながり、意味合い、および影響を特定する機能を使用して、変更をより適切に管理します。

データのリテラシー、流暢さ、および知識

関係者によるデータ資産の検出および理解と信頼を強化して、実用的なインサイトにつながる分析を支援します。

ビジネスユーザのソーシャル化とコラボレーション

ビジネスユーザ、データ所有者、およびデータ管理者の間で、コミュニティによるデータ資産の評価とビジネス資産に関するコミュニケーションを通じて、組織的なデータの知識を取得します。

erwin Data Literacy Suiteのコンポーネント

erwin DLのユーザ環境は個人のロールに合わせて高度に構成可能でカスタマイズでき、組織のニーズとプロセスに合わせて作成および変更ができます。 erwin DL Suiteには、以下の2つのコンポーネントが含まれます。

Business Glossary Manager
Business User Portal
Business Glossary Manager

Business Glossary Manager

用語集の定義、分類、ポリシーおよびルールなどのビジネスのコンテキストをデータ資産に提供して、ビジネスの可視性、理解、および調整を確保します。 データガバナンスのワークフローを合理化し、ガバナンスのコストを削減して、データ検出および分析のサイクルを短縮し、有意義なインサイトを得るまでの時間を大幅に短縮します。

データリテラシーにerwinが選ばれる理由

データリテラシーは、充実したビジネス用語集とデータのソーシャル化を基盤としているため、すべての関係者が各自のロールのコンテキスト内で表示および理解できます。erwin Data Literacyにより、ITユーザとビジネスユーザの両方が利用可能なデータを検出し、共通の標準化された用語でその意味を理解することができます。 本製品では、名前の照合、分類、および関連付けなどの共通データのキュレーションプロセスを自動化して、データパイプラインのガバナンスを最適化します。 erwinを使用することで、組織は、説明、同義語、略語および、そのデータポリシー、規則、およびその他重要なガバナンスの成果物との関連付けにより分類された用語集を構築できます。 その他、以下のような特有の利点があります。

フレキシブルなメタモデル

さまざまなタイプのビジネス資産とカスタム属性を作成し、すべてのビジネスと技術資産タイプ間の意味的な関連をすべてカバーします。

erwin Data Literacyダッシュボード

単一の鳥瞰図でビジネス資産の管理におけるデータ管理責任の進行状況を表示し、主要なメトリックスの背後にある詳細にドリルダウンして、データガバナンスを前進させます。

インタラクティブなマインドマップ

データ要素と、物理、論理、およびデータガバナンスのメタデータとの関連付けを表示、ドリルダウン、およびフィルタリングします。

インテリジェントなデータ系列と影響分析

列ごとまたはフィールドごとに表示される系統マップで、企業内でのデータの移動履歴を確認および把握し、リアルタイム影響図により変更を適切に管理します。

機密データの検出

AIを使用して、機密データ要素の特定とタグ付けを高速化し、コンプライアンスを加速して、データ関連のリスクを軽減します。 または、データ系列およびマインドマップにより、一括で資産を分類します。

強化されたユーザインターフェイス

簡単に表示の変更、資産の評価、To-doリストとリクエストの作成ができます。 柔軟な検索およびAI機能により、コンテキスト上の関連するデータ資産を数秒で検索し、把握することが簡単になりました。

erwin Data Catalogとの統合

erwin Data Catalogと統合することで、詳細なメタデータの全容の作成とメンテナンスを自動化し、データリテラシーとガバナンスのイニシアチブを同期します。

お客様のレビュー

データリテラシー: データガバナンスとインテリジェンスへの鍵

erwin Data Literacyerwin Data Catalogと組み合わせることで、堅牢かつ持続可能なデータガバナンスのフレームワークを確立するだけではなく、エンタープライズデータのインテリジェンスを向上させ、データを取り扱うすべての従業員がより効率的、効果的、および協力的になります。 IDCによると、これらの領域におけるわずかな変更でも、生産性、分析力、およびビジネスの成果を改善できるということです。 したがって、erwin Data Intelligence Suite by Questとして組み合わせた2つの製品により、利用可能なデータ資産に対する優れた企業の認識とアクセス、それらの使用に関するガイダンス、およびデータポリシーとベストプラクティスに順守するための事故予防策が提供されます。 erwin Data Intelligenceでデータ資産を検出、把握、管理、およびソーシャル化し、意思決定の参考になるより迅速な分析と有意義なインサイトに導きます。

今すぐ開始する

データリテラシーは、データガバナンス、データ品質、およびメタデータ管理の基礎です。 erwin Data Catalogの機能をerwin Data Literacyで強化し、ITとビジネス両方の関係者がデータリテラシーとデータインテリジェンスを確実に取得できるようにします。

サポートおよびサービス

製品別サポート

erwin製品のインストール、設定、および使用についてお困りの場合、ご連絡ください。

サポートサービス

お客様固有のニーズにお応えできるよう、さまざまなレベルのサポートをご用意しています。